PaX-i 3D smartの特長

CT画像・パノラマ画像

1回の撮影でCT画像とパノラマ画像が撮れます

CT画像、パノラマ画像の両方を必要とする症例の際も、2回撮影する必要がないため、患者様の負担を軽減できます。

また、一つの画面に並べて表示もできるため、比較しながらの診断に効果的です。通常のパノラマのみの撮影モードも搭載されています。

アーチ型FOV

歯列に沿った撮影で8番がきちんと写ります

アーチ型のFOV

Anatomical FOV 12×9Voxel 最小0.2/0.3mm

PaX-i 3D Smartの革新的なFOVは、不要な被ばくを抑えながら広範囲を撮影するというアーチ型の形状となっています。

FOVが12×9と同等範囲の撮影が可能で、8番が横たわっていても欠けてしまう心配はありません。

口腔内装着の金属による影響を除去します

金属の影響を回避

PaX-i 3Dはアーチファクト軽減機能により、金属アーチファクトの影響を受けず、「高い画像品質を生み出すCTで診断したい」という先生のご要望にお応えできます。


Others
Others
ART-V
Others
断面画像への連動

1回のクリックで見たい部分に飛びます

1クリックで詳細に診断

3D画像上で、見たい部分をクリックすれば、連動してAxial・Sagittal・Coronal画像が見やすい断面へアシストします。

軸位、矢状、冠状の3断面の画像も見やすく表示します。

パノラマ画像

CT撮影した画像から立体的なパノラマ画像にオートで変わります

立体画像を回転させて確認

CT撮影した画像から立体的なパノラマ画像を表示することができます。

その画像は3Dと同じような操作で、患者様に対しての説明が容易に行えます。

通常見慣れているパノラマ画像に近いと、患者様の理解も深まります。

インプラントシミュレーション

インプラントシミュレーション機能

豊富なインプラントデータ

各社インプラントデータが豊富に搭載されておりますので、最適なシミュレーションが行えます。

患者説明ツールが標準で付いています

動画付きで説明がスムーズに

多彩な治療説明動画ツールを標準で搭載。

治療計画の説明や待ち時間に患者様にご覧いただくことで、その後の診療がスムーズに進むようアシストします。

 

治療説明動画1 治療説明動画2 治療説明動画3

ソフトウェア使用方法動画

インプラントの診断

オプション

パノラマ撮影

マジックパン

一度に21枚撮影

1回のパノラマ撮影で21枚のパノラマ画像を取得します。

その中から最適なピント部分を自動選択し、最高の一枚を構成します。

エンドモード FOV 5x5 Voxel 0.08mm

詳細な画像を低被ばくで撮影

根管治療に最適なFOV 5x5サイズが撮影可能。

細かい画像を低被ばくで得ることが出来ます。根幹をしっかり識別します。

 

FOV撮影1 FOV撮影2 FOV撮影2

お問い合わせはこちらご相談、お見積もり、デモのご希望など、お気軽にお問い合わせください。